北陸の土木構造物

2009年4月 8日 (水)

金沢の土木構造物1

新しい企画でーす。これから不定期で石川県(主に金沢)の土木構造物を紹介しますー。かなり有名なところもあるかも知れませんがご了承を。

今回の場所はここです↓↓


大きな地図で見る

そして、ここにある土木構造物はこれです。「内灘サンセットブリッジ」です。

P1020291_r

P1020292_r

この橋は、斜張橋と呼ばれる形式の橋で、橋の長さは344m、塔の高さは54mあります。斜張橋は、塔から斜めに張られたケーブルで桁を吊る構造形式であり、他の構造形式の橋に比べて次のような特徴があります。

①ケーブル配置、塔の形状などの形態が多様で、設計の自由度が高い

②橋脚(塔)と橋脚(塔)の間の長さ(支間長)の適用範囲が広い。つまり、短い支間長の橋にでも長い支間長の橋にでもこの構造形式を適用できる。

③ケーブル張り出し架設が可能で、合理的な架設ができる。

まぁ以上が土木的な橋の特徴の説明ですが、なんといっても斜張橋の特徴は「見た目が非常に美しい」ってことだと思います。

またこの内灘サンセットブリッジは日没から夜10時までライトアップされます。

しかも、季節や時報にあわせてライトの色が変わるそうです。

夜はまた違った景色を見せてくれそうです。

こんどは、そのライトアップされた橋の姿を紹介できたらと思ってます。それではまたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)