建設機械図鑑

2009年4月 1日 (水)

特殊車両

建設機械自体が特殊車両なのですが、その中でもあまり見ることがない(管理人基準ですが)車両を紹介します。

①長い荷物輸送が得意ポールトレーラー

P1010002_2

  ポールトレーラは、トラクタとトレーラをつなぐ牽引パイプが伸び縮みする事により長さの長い荷物を運ぶ事が可能な車両です。ですから、コンクリート杭橋の橋桁鉄道用レール風車の羽など長いものを運ぶのにつかわれます。写真のものはコンクリート製の橋桁を載せています。写真の桁で15mぐらいあるとおもいます。新幹線や電車を運んでいるトレーラーをみたことがあるでしょうか?日本通運のCMで昔流れていたのですが。あれも同じような方法で荷物を運ぶトレーラーです。もっとマニアックな解説はこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A9

②やっぱりあった「トレーラーダンプ

P1010003

 こいつをみたのは小学校ぐらいでした。「やっぱりあったのかトレーラー式のダンプ」と思ったのを覚えています。しかしあんまり見ないですよね。大量に土砂を運べしかも普通の道をを走れるトレーラー式がなんで普及しないのだろうとずっと思っていました。普段みかけるのは圧倒的にこちらの11tダンプですよね。

P1010061

普及しないのは、小回りがきかないのと、ダンプ時(荷台を傾けたとき)の安定性が悪いためだそうです。安定性が悪いというのは、トレーラーダンプだと荷台を傾けたとき非常に高さが高くなり、重心が高くなるので安定性が悪く、硬いところばかりじゃない建設現場ではダンプ自体が倒れる可能せいが高まるみたいです。

③土をまぜまぜ「地盤改良機

P1010046

この機械は地盤を改良する工事であるパワーブレンダー工法に使用される機械です。油圧ショベルの先に写真のような攪拌機(かくはんき)をとりつけ、セメントを液体にした地盤改良材を噴射しながら、その攪拌機を土の中に挿入することで地盤を改良します。10mの深さまで地盤を改良することができるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

大型造成工事で使用される建設機械

1.大型油圧ショベル PC1100SE 機体重量 105t バケット容量 6.5m3

P1010024 

2.オフロードダンプトラック769C 36t積み

P1010016

3. 1と2の組み合わせショット

P1010015

4.アーティーキュレートダンプトラック HM400 36t積み

P1010029

P1010065

| | コメント (0) | トラックバック (0)