« 東播磨南北道3 | トップページ | 海老江JCT 本線跨ぎ »

2012年10月 7日 (日)

海老江JCT 進捗2+α

海老江JCTが再び熱くなってきました。

10月6日現在、AR5500M×2台、AC350が稼働しています。

まずは

1.AR5500M MB+LJ仕様

3号神戸線を跨ぐ部分の架設に使用。

隣りの10tミニラフと比べると、その大きさがわかります。

Img_6889_r

Img_6889r2_2

Img_6889r3

LJの拡大写真。

クローラークレーンのブームとは違い、接合部のピンは全部油圧ピンになっています。

Img_6889r9

LJのブーム角度の操作は主巻ウインチを使用します。

Img_6889r8

2.AR5500M ESP仕様

Img_6889r6

3.AC350

Img_6889r4

Img_6889r7

4.GR600N-1

Img_6889r10

所変わって、加古川JCT。

ジャンクション部のランプ橋を架設中。

GA3600とAR2000M-2が稼働中。

Img_6889r12

5.AR2000M‐2

Img_6889r13

Img_6889r11

またまた所変わって関電姫路発電所付近にて

6.ATF160G‐5 フルオートJib仕様

Img_6889r14   

      

|

« 東播磨南北道3 | トップページ | 海老江JCT 本線跨ぎ »

現場レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海老江JCT 進捗2+α:

« 東播磨南北道3 | トップページ | 海老江JCT 本線跨ぎ »