« 北陸新幹線PC架設@富山県‎高岡市‎佐野‎ | トップページ | とりあえず »

2012年2月 3日 (金)

クレーンの組み・分解 (AC1600J、AR2000M)

AC1600Jの組立てシーンです。

まずは旋回体。

Img_4164_r

セット。

Img_4165_r

旋回体とキャリアの固定中。

Img_4180_r

旋回体装着完了。

Img_4187_r

さあ次はブームです。

Img_4192_r

ブームを相吊りして..

Img_4204_r

Img_4207_r

キャリアを滑り込ませます。

Img_4214_r

まずはブームと本体の固定。その次にシリンダとブームを固定します。

そのためにブームを傾けます。

Img_4221_r

Img_4224_r

ブームピン挿入。

Img_4231_r

シリンダ側の装着。次第にシリンダを伸ばしていきます。

Img_4234_r

シリンダの先がブーム側の溝におさまり・・・

Img_4236_r

ピンで固定します。

Img_4237_r

次はAR2000M こちらは分解

Img_4287_r

旋回体のロックピンを抜いてます。

Img_4290_r

ブームは積み込み完了。

Img_4307_r               

|

« 北陸新幹線PC架設@富山県‎高岡市‎佐野‎ | トップページ | とりあえず »

現場レポート」カテゴリの記事

コメント

AC1600はブームとシリンダの固定方法が変わっているやり方ですね
珍しいwです

投稿: あいさん | 2012年2月 3日 (金) 21時23分

>あいさん さん

私は,こんなにじっくりクレーンの組み立て作業みたの初めてですが,ブームとブームシリンダの接合が結構ほそいピンなのが驚きました.

投稿: ごろり | 2012年2月 5日 (日) 18時09分

私も驚きましたw
普通はシリンダーのピンはもっと太いはずですからっw

投稿: あいさん | 2012年2月 7日 (火) 20時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレーンの組み・分解 (AC1600J、AR2000M):

« 北陸新幹線PC架設@富山県‎高岡市‎佐野‎ | トップページ | とりあえず »