« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

建機めぐり@石川

①今井重機運輸 DEMAG AC350 

Img_4473_r

Img_4500_r

②野田クレーン TADANO AR5500

Img_4458_r 

③野田クレーン リファー LTM1450NX

Img_4452_r

④HITACHI 油圧ショベル ZAXIS 350LCK‐1

Img_4571_r

⑤HITACHI 油圧ショベル ZAXIS 350K‐3

Img_4572_r

⑥HITACHI 油圧ショベル ZAXIS 210K‐3

Img_4608_r

⑦HITACHI 油圧ショベル EX300LC‐2

Img_4429_r

⑧CAT 油圧ショベル 336D

Img_4799_r

Img_4530_r

⑨KOMATSU WA500

Img_4434_r

⑩CAT980G ホイールローダー

Img_4540_r

⑪KOMATSU 油圧ショベル PC350 セパレートブーム

Img_4791_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コマツ粟津工場解放デー2011

8月28日にコマツ粟津工場の解放デーへ行ってきました。

展示機械は粟津工場生産品のみということもあってあまり大きい建機は見れませんでした。

まぁWA500とグレーダーが見れたのがよかったかな。

油圧ショベルは次の大阪工場の解放デーに期待ですね。

①PC78US 油圧ショベル

Img_4614_r

②PC138US 油圧ショベル

Img_4631_r

③WA100 ホイールローダー

Img_4627_r

④WA150 ホイールローダー

Img_4657_r

⑤WA200 ホイールローダー

Img_4620_r

⑥ WA320 ホイールローダー

Img_4659_r

⑦WA430 ホイールローダー

Img_4624_r

⑧WA500 ホイールローダー

Img_4654_r

⑨GD555 モーターグレーダー

Img_4717_r

⑩GD655 モーターグレーダー

Img_4770_r

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

30tクラスショベル色々

富山の黒部川周辺を中心に建機めぐりに行っていきました。

砂利採取系で見つけた30tクラスの建機たちです。

この地区はなぜかKATOのバックホウが多かったです。

30tクラスが4台ぐらいいました。

①HITACHI EX350H‐5型

Img_4187_r

②KATO HD1430

Img_4195_r

③CAT 330C

Img_4236_r

④KOMATSU PC300‐3型 

Img_4262_r

⑤KATO HD1430V

Img_4290_r   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

コベルコ建機の油圧ショベルの進化 SK‐NEWMARK2〜現行型

①SK‐NEWMARKⅡ(1987)

電子制御初採用機

P1010048

②アセラシリーズ(1989)

人間に対する安全性を何よりも優先していくコベルコの姿勢が集約された機械。
具体的な安全性向上対策として旋回フラッシャーの視認性の向上。旋回フラッシャーとコンビネーションされた後方作業灯の採用、カウンタウェイトの全周ラバーバンパの採用などを行なった。

P1010029

③アセラスーパーバージョン(1993)

アセラと比べ、一層丸みを帯びたフォルム。オペレーターの作業環境にも人間工学を取り入れ、エアコンの標準化、高級シートの採用を実施。この機械で初めて現在のコベルコカラーであるブルーグリーンを採用。

P1010023

④ダイナミックアセラ(1999)

コベルコ建機の油圧ショベルの初のグローバル統一モデル。

P1010034

⑤アセラジオスペック(2006)

圧力損失を徹底的に抑えた新油圧回路の開発、先進パワープラントの採用などにより作業料の増大と燃費の低減という相反する要件を達成。高い省エネ性能を誇る。2006年施工の「特定特殊自動車排出ガス規制等に関する法」に業界でいち早く適合。

Img_3928kai_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CAT油圧ショベルの進化 E-A型〜現行型

CATも機械の詳細情報がございません。各型での特徴がわかる方、教えていただけると幸いです。

①E‐A型

E

②E-B型(1987)

Eb

③300シリーズ‐A型(1992)

330_r

④300シリーズ‐B型(1996)

345b_r

⑤300シリーズ‐C型(2000)

320c

⑥300シリーズ‐D型(2005)

320d_r_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日立建機の油圧ショベルの進化EX-1型〜現行型

情報が少ないためコマツのような詳しい解説はありません。情報ください。

①EX‐1型

Ex2001

②EX-2型

Ex2002

③EX‐3型

Ex2003

④EX-5型

P1010066

⑤ZX‐1型

Zx2001

⑥ZX‐3型

Zx2002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コマツの油圧ショベルの進化 PC‐3型〜現行

①PC400‐3型(1984年)

2型に搭載し、好評を得ていた省エネ油圧システムOLSS(Open Center Load Sensing System)にマイコンを組み込み、さらに発展させ「電子OLSS」とした。世界初のメカトロを駆使したエンジン制御システムである。 見た目のデザインも従来にないスタイルで一新した。

Pc4003

②PC400-5型 アバンセシリーズ(1988年)

先のPC3型は、メカトロを駆使したエンジン制御システム「電子OLSS」が好評で市場からも高い評価を受けていたが、発売から3年が経過し、他社との競争も激化していた。そこでより高い完成度と先進性を追及したモデルチェンジが行われた。
 先進の制御システムでは、重掘削・掘削・整正・微操作の4つの作業モードのいずれかを選択すると、自動的に効率的なパワーモードが設定された。

Pc4005

③PC450‐6型 ニューアバンセシリーズ(1993年)

 中型機以上の油圧ショベルにおいて初めて、曲線フォルムを採用した「ニューアバンセ」。ファインコントロール、複合操作性の向上を図った圧力補償式油圧システムCLSSを採用(CLSS=Closed center Load Sensing Sytem)。PC200-5までのOLSSの特性をさらに追求した、理想の油圧システムである。

Pc4506

④PC200-7 GALEOシリーズ(2001年)

1988年から続いた「アバンセ」シリーズに次ぐブランド「GALEO(ガレオ)」の名を冠してモデルチェンジしたPC200。その最大の特長は「KOMTRAX」の標準装備である。GPSを使ったシステムにより、稼動位置・稼動時間の情報のみならず、エンジンや油圧機器などのセンサー情報を機体が発信。車両情報を遠隔から見守り、トラブルの未然防止や故障時の的確・迅速な対応によって、車両を常にベストな状態に保つことが可能になった。

Pc3007

⑤PC350LC-8型 

最新エンジンテクノロジー「ecot3(エコットスリー)」を駆使したエンジンを搭載。 業界で初めて欧米の排出ガス3次規制に対応する (国土交通省第3次基準値排出ガス対策型建設機械)と同時に、自社開発・自社生産するエンジン・油圧機器を電子システムでトータルに制御することにより、 PC‐7型に比べ燃料消費量の最大10%削減を実現した。
  また、量産型油圧ショベルでは世界初となる「転倒時運転者保護構造キャブ」を装備、落下物はもとより万一の転倒時にも巻取り式シートベルトの装着と合わせて、オペレーターをしっかりガード。さらに、高剛性で吸音性に優れた新型キャブは乗用車並みの静粛性を実現しオペレーターの疲労を軽減し快適で安全な空間を提供する。「KOMTRAX」もアップグレードし稼働情報をもとにした「省エネ運転レポート」の提供など、サポートメニューを一層充実している。キャブ内には、視認性と操作性を大幅に向上した「7インチ大型マルチカラー液晶モニター」を装備。エンジン始動からオフまで、あらゆる場面でオペレーターをアシストする

Pc3508   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

バックホウ祭り

KOMATSU PC210 ブレーカー仕様

Img_3918_r

HITACHI ZAXIS200 ブレーカー仕様

Img_3934_r

KATO HD820V

Img_3935_r

HITACHI ZAXIS450LCH

Img_3939_r

Img_3958_r

Img_3960_r

CAT 330D

Img_4016_r

Img_3980_r

CAT 322CとKOAMTSU PC350LC

Img_3999_r

CAT 330B

Img_3964_r

KOMATSU D50P

Img_3982_r

CAT D6 LGP

Img_3975_r      

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

解体仕様はやっぱり日立建機??

最近解体現場に良く遭遇します。

金沢の解体現場では日立製である率が高いです。

その次にキャタかな。コマツなんて殆どみません。

写真の現場にはZAXIS350Kロング、ZAXIS210K×2台

もう一台ぐらい350クラスのロング入らんかな。そして基礎解体用に450が入ると期待し

てますがどうでしょうかねー。

Img_3775_r

ZAXIS350K ロング

Img_3774_r_2

ZAXIS210K

Img_3773_r

河床掘削の現場で

左からPC350、345B、PC350

Img_3801_r

345B

Img_3832_r

Img_3795_r_2

PC350

Img_3798_r

Img_3811_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

石川県内+富山県内建機めぐり

EX100M

Img_3501_r

PC228USロングアーム仕様

Img_3470_r

ZAXIS 230

Img_3483_r

ZAXIS210K

Img_3618_r

ZAXIS200

Img_3515_r_3

ZAXIS130K

Img_3619_r

PC350LC

Img_3585_r

Img_3579_r

W2000 ロードカッター

Img_3605_r

Img_3608_r

低床トレーラー+ER552Fロードカッター

Img_3611_r

SK400解体ロングフロント

Img_3615_r

SH225

Img_3550_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

CATの超大型機

ついにCATブランドにも超大型機登場ですね。

といってもCAT独自開発ではないですが。

今のところね。昨年買収したビサイラスという会社の機械を

ペイントだけCAT色に変更しているだけだと思います。

https://mining.cat.com/cda/layout?m=435122

さぁCATも大型機のラインナップ充実させてきましたねー。

どうするKOMATSU。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

この夏の計画

密かにブログをWEBサイトに移行させようと計画中...。

ブログはやっぱりどうしても記事が発散型で、記事の内容をまとめるのが難しいですね。

どんなコンテンツを設けようかなぁー。

1.建設機械写真館

2.建設機械新製品レビュー

3.現場レポート

4.建設機械の壁紙

5.建設機械動画

6.建設機械の運転

7.建設機械の仕組み

8.建設現場の種類と使用される建機の関係

9.建機メーカーへの就職

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北陸新幹線関連 3

小矢部市内にて

今井さんと米原さんのコラボ

左からAR4000M,AC350,AC500,LTM1450NX

Img_3138_r

やっとみれた今井さんのAC500

Img_3132_r

Img_3160_r

Img_3123_r

高岡市福岡IC付近

青木さんのAC1600J,AC1200J

今回はAC700がいません.

Img_3178_r

この現場はわりと橋脚の高さが高いです. 

Img_3180_r

Img_3182_r

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

大型バッホウを求めて

私が現在住む街,石川には大型バックホウはどれくらいいるのだろうか.

今までに確認済は

CAT 385B 北川物産 ●

ZAXIS 450?? 北川物産 ▲ 

EX400 解体ロング 金沢斫解体業 未

SK400 解体ロング 金沢斫解体業 未

ZAXIS 350LCK 北川物産 ●

ZAXIS 350 大山商店 未

ZAXIS 350 ロング 大山商店 未

PC300-7 久森建設工業

PC300-6 久森建設工業

PC300-7 2 YDC(レンタル)

Img_3044_r

Img_3052_r

320C

Img_3043_r

385B

Img_3111_r

Img_3067_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »