« 鈴見台高架橋 橋梁架設告知 | トップページ | お久しぶりです。 »

2009年6月19日 (金)

現場レポート8 鈴見台高架橋架橋工事3 P1-P2間架橋工事

おひさしぶりです。今回の記事のネタは前回告知していた、鈴見台高架橋工事の一番長い桁(長さ36M、重量40t)の桁の架橋工事です。いや、すごい迫力でした。はじめて生でみるDEMAG社製の700t吊りオールテレーンクレーン、36mの桁の移動、迫力満点でした。工事は6月15日21時から翌朝6時までと、6月16日21時から翌朝6時まで行われました。一日に桁を1本ずつ、合計2本の主桁を2日間で架設しました。

今回は1日目の架橋工事をレポートします。

まず架設前の現場の状況↓

P1030243_r_5

これが現場の写真なのですが、コンクリートの橋脚の上に、鋼製の橋桁が載っています。写真の長方形の部分が主桁の部分です。この主桁部分で、橋にかかる重量に耐えるので丈夫に作られています。この主桁の交差点上にかかる部分(写真奥から手前)を今回、架橋します。そして1日目はこのうち左側の部分を架設します。

その主桁がこちらです↓

P1030628_r_2

P1030615_r_2 

長いです。長すぎです。桁36mに桁を輸送する13m程度の低床トレーラーがついて、全長約50m程度になってます。

そして今回の主役DEMAG社製AC700、700t吊りオールテレーンクレーンです。↓

P1030587_r_2

いやーこっちもでかいです。初めてみた方はタイヤの多さにびっくりするはずです。これでも日本の道交法に適応するためタイヤ2つ、一軸分シャシーの長さを短くしているそうです

P1030599_r_3

クレーンの前面にはベンツのエンブレムがかがやいています。

P1030616_r_2

↑フックには90tと書かれているので、今回は90tフックを使用するみたいです。

6月15日PM9:00交差点の封鎖が始まりました。

P1030645_r

21時15分ごろ封鎖完了。普段見れない交差点の風景です。

封鎖が完了したといっても、この交差点はバスのルートに入っているのでバスがきたら通さなくてはなりません。

封鎖が完了した後60tラフテレーンクレーンが搬入されました。

P1030674_r

P1030656_r

このクレーンは700t吊りクレーンの補助役で、700tクレーンのアウトリガー(クレーンを倒れないようにするための足)の下に敷く鉄板の準備したり、カウンタウェイトをセットしたりします。

次に早くも本日の主役が登場しました。

P1030664_r

P1030666_r

P1030669_r

↑設置位置まで移動完了!!

↓アウトリガーを展開します。

P1030670_r

P1030673_r_2

↑アウトリガー拡大部。約5cmぐらいの厚さのごつい鉄板がアウトリガーの下に敷かれています。

↓アウトリガーの油圧でクレーン全体を持ち上げ水平を取っています。

P1030681_r

さて次に700tクレーンへウェイトを設置していきます。

P1030697_r

↑今回使用するウェイトは全部で160tです。

さてウェイトが全て設置され、クレーンがブームを起しはじめました。

P1030722_r

P1030727_r 

P1030747_r

P1030754_r

P1030760_r

↑ブーム伸長完了。いやーしかし、ごついブームです。

この後は最終バスが交差点を通過するまで待機です。

15日PM11時すぎ、最終バスが通過しました。いよいよ吊り荷(36m、80tの桁)の搬入です。

P1030777_r

↑交差点にバックで進入していきます。交差点に入れてみるとやはりめちゃくちゃ長いです。

P1030785_r

↓信号機の支柱が邪魔でなかなか進入することができません。

P1030788_r

P1030794_r

↑何度か切り返し、何とか搬入完了です。

さて、ここまでで、どういう配置図になっているか紹介しておきましょう。↓

Photo_2

本日の更新はここまで。

|

« 鈴見台高架橋 橋梁架設告知 | トップページ | お久しぶりです。 »

現場レポート」カテゴリの記事

コメント

僕も、鈴見台の高架橋を架けているのをみました。

深夜なのに、ギャラリーとして30人くらい?いましたね。ビックリです。

ちょっと興奮しちゃいました。。

投稿: シン。 | 2009年6月21日 (日) 11時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現場レポート8 鈴見台高架橋架橋工事3 P1-P2間架橋工事:

« 鈴見台高架橋 橋梁架設告知 | トップページ | お久しぶりです。 »