« 現場レポート7 建築現場(3階建て程度) 第4工程から | トップページ | 現場レポート8 鈴見台高架橋架橋工事 2回目 »

2009年5月23日 (土)

現場レポート8 橋を架ける~鈴見台高架橋架橋工事~

    今回は橋梁架設現場の工事レポートです。

現場はここ↓


より大きな地図で 工事現場MAP 北陸編 を表示

図の鈴見交差点の立体交差化工事です。2008年度中に下部工事が終了し、2009年4月ごろから上部工事が始まりました。大体この工事で3億円規模みたいです。

2009年5月上旬 現場での作業が開始されました。

P1020775_r

↓まずこれからの作業を考え橋脚へ足場の設置です。

P1020778_r

↓次に支保工(橋を作る際の仮の橋脚)を設置するため地面を平らに均しています。

P1020782_r

支保工が25tラフテレーンクレーンにより組み立てられています。

P1020851_r

P1020852_r

P1020850_r

P1020854_r

↓組みあがった支保工

P1020853_r

2009年5月中旬 本体架設用160t吊りオールテレーンクレーン登場。

↓このクラスのクレーンは道交法の関係で分解輸送しなければなりません。全部装備していても走れるとは思いますが...。よって今現場でクレーンによりクレーンが組み立てられているところです。

P1020877_r

ATF-160G-5 160t吊りオールテレーンクレーン いまからクレーンのブームを装着します。

P1020879_r

P1020885_r_3

P1020881_r

P1020883_r

↓ブームを吊り上げて...

P1020888_r 

その下に本体をすべりこませます。

P1020890_r_2

P1020893_r

これでブームをピンで止めれば完成です。

P1020900_r

5月19日、橋桁が運ばれてきました。トレーラー4台、トラック1台で千葉県から運ばれてきました。

桁の重量は一つのブロックで8トンぐらいでしょうか。

P1020908_r

P1020906_r

5月19日夜、車線規制がしかれ架橋工事がはじまりました。

P1020921_r

↓桁に吊るための吊り具を取り付けています。この作業を玉掛けといいます。

P1020925_r_2

↑桁とクレーンのフックを結ぶ吊り具はワイヤーとチェーンブロックから構成されます。チェーンブロックはチェーンを人力で引っ張ることで吊り具の長さを調節できる装置です。おそらく桁の微調整をするために取り付けられています。

↓桁をトレーラーから少し吊り上げて、トレーラーを逃がします。

P1020932_r

↓桁の裏側に後々の作業のために足場が組まれます。

P1020934_r

↓足場が組まれるといよいよ吊り上げ開始です。いやー迫力満点です。

P1020936_r

↓大きな桁が宙にうかんでいます。

P1020938_r

↓桁設置位置近くまで運ばれました。ここから微調整に入ります。

P1020958_r_2

P1020954_r

P1020977_r

5月20日 午前2時17分 3本目の桁設置完了。

5月19日 午前11時 桁設置前の状況

P1020910_r

5月20日 午前11時 桁設置後の状況

P1030004_r 

今後の架設予定

Photo

今回レポートしたのがA1-P1間の桁架設です。これは5月20日から5月23日で完了します。

5月25日からはA2-P2間の桁架設を行うそうです。この架設も160t吊りクレーンで行うみたいです。

そして最後にP1-P2間の架設ですが、ここは交差点上への架設となり、支保工が設置できないためなんと長さ36mの桁一括架設になるそうです。そうなると160tでは能力不足なので500tクラスのクレーンを使用するそうです。

|

« 現場レポート7 建築現場(3階建て程度) 第4工程から | トップページ | 現場レポート8 鈴見台高架橋架橋工事 2回目 »

現場レポート」カテゴリの記事

コメント

クレーン車をクレーン車でつくる。。
初めて,みましたっ
橋が交差点上でつながる日が待ち遠しいですね。

投稿: シン。 | 2009年5月19日 (火) 14時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現場レポート8 橋を架ける~鈴見台高架橋架橋工事~:

« 現場レポート7 建築現場(3階建て程度) 第4工程から | トップページ | 現場レポート8 鈴見台高架橋架橋工事 2回目 »